ヴァレリー(Valery)

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の成分の安全性!敏感肌でも危険性はない?

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液は従来のまつげ美容液に比べて、厳選された成分と品質でその効果も高いと人気のまつげ美容液です。

ただ効果があるなら強い成分が使われているんじゃないかと心配になりますよね。

この記事ではヴァレリー(Valery)まつげ美容液の成分について、安全性やマツエクや敏感肌でも使えるのか、もしもの時の対処法を調査しました。

どうぞ最後までお付き合いください♪

▼定期縛りなし・返金保証ありで安心▼
1,980円でバサバサのまつげ体験

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の全成分

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液は眉毛にも使えて、毎日のメイクなどで傷んだ眉毛に馴染ませればしっかりと眉毛のケアもできちゃいます。

ただまつげ美容液は荒れたり、かぶれたりなどのトラブルも多いものもあるので成分が心配になりますよね。

《ヴァレリーまつげ美容液成分表》

水、グリセリン、BG、グリコシルトレハロース、ペンチレングリコール、加水分解水添デンプン、パンテノール、ビオチノイルトリペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-1、ダイズイソフラボン、センブリエキス、ヒドロキシエチルセルロース、クエン酸、クエン酸Na、エタノール、ポリソルベートBD、レシチン、PVP、フェノキシエタノール

上記がヴァレリー(Valery)まつげ美容液の全成分表です。

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液はお肌に優しい成分が厳選されて作られていますが、全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません!

特にアレルギー体質の方やお肌が弱い方はしっかりと入っている成分を確認してから使用するようにしてください♪

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の主要成分の安全性は?

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液には…

・ワイドラッシュ

・EGF

・大豆イソフラボン

・センブリエキス

などなど…まつ育に効果的と言われる成分が贅沢に配合されています。

ただ安全性は大丈夫なのか気になるところ!ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の主要成分いついて詳しく見ていきたいと思います。

ワイドラッシュ

まつ毛のケアにはワイドラッシュが重要と言われています。

《ワイドラッシュとは?》

パンテノール、ピオチノイルトペプチド-1、グリセリン、水の複合原料でまつ毛を美しく、力強く育むと言われています。

ワイドラッシュに含まれているペプチドとパンテノールの作用によりまつ毛の健康と育成をサポートします。

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液にはこのワイドラッシュが一般に販売されているまつげ美容液に比べて2倍も配合されています。

美容大好きrenaさん
美容大好きrenaさん
有名アイリストも絶賛していて、ハリのある理想的なまつ毛にはワイドラッシュが重要だと言われています。

またペプチドは人の体の中にあるもので、パンテノールは水溶性ビタミン(ビタミンB群の1つ)で安全性も高い成分なんですよ。

EGF

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液にはノーベル賞受賞成分であるEGFが配合されています。

《EGFとは?》

体内で作られるタンパク質の一種で上皮成長因子と言われ、皮膚(表皮)の細胞成長を促す働きがあります。

傷を受けた皮膚に欠かせない大切な働きをするEGFは唾液や母乳の中に多く存在していることが分かっています。

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液に配合されているEGFは皮膚の表面にある細胞に働きかけて分裂、集合を繰り返しながら新しい細胞の生産を急速に促進する働きがあるので、イキイキとした印象の目元に導いてくれます。

またEGFはもともと体内に存在するタンパク質の1種なので、細胞に浸透後は飽和状態になるとそれ以上は細胞内に取り込まれなくなる副作用のない安全な成分なんですよ♪

大豆イソフラボン

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液には女性にうれしい成分である大豆イソフラボンも配合されています。

《大豆イソフラボンとは?》

女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる働きがあります。

元々は大豆の胚軸(成長すると芽になるところ)部分に多く含まれる抗酸化物質の一種で細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれます。

大豆イソフラボンは女性にうれしい栄養素として有名ですよね、

美容大好きrenaさん
美容大好きrenaさん
ダイズエキスは育毛剤にも多く含有されていて、スカスカのまつ毛にハリやコシを与えて女性らしい目元に導いてくれます♪

大豆イソフラボンは植物由来の化合物の一種のため安全性は高い成分となっていますが、女性ホルモンと似た働きがあるため過剰摂取には注意が必要とされています。

ただヴァレリー(Valery)まつげ美容液の場合は直接摂取するわけではないので、過剰摂取の心配はほとんどないと思われます。

センブリエキス

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液には育毛ケアに効果的と言われるセンブリエキスが配合されています。

《センブリエキスとは?》

日本や中国、朝鮮半島に自生しているリンドウ科の植物をアルコールや水などで抽出したエキスです。

漢方薬の一種で古くから胃薬として用いられて、センブリのエキスによって胃を刺激することで血行を良くする働きがあります。

苦味成分を有していて、「千回振り出しても(煎じても)まだ苦味が残る」ということから、センブリという名前が付けられました。

センブリエキスは最近では育毛剤などにも多く使用されている成分です。

皮膚温の上昇・皮膚毛細血管の増強などの作用があり…

・皮膚細胞の代謝改善

・血行促進

・細胞分裂の活性化

などなど…育毛ケアには重要な効果が確認されているんですよ。

なので力強い毛根や理想的なまつ毛にサポートしてくれます。

またセンブリエキスは天然成分なので副作用のリスクが非常に少なく、アレルギー体質の方でも安全に使用しやすいのが特徴なんですよ♪

>>初回1,980円で始められるチャンス<<
もっと詳しい情報はコチラ

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の成分!安全性が高いと言われる3つの理由

最近ではまつげ美容液でのトラブルが年々多くなってきていますが、ヴァレリー(Valery)まつげ美容液は安全性が高いと評価されています。

ここではヴァレリー(Valery)まつげ美容液の安全性が高いと言われている理由について詳しく見ていきたいと思います。

衛生的で安心

ほとんどのまつげ美容液はマスカラのようにブラシタイプになっていて、何度も同じブラシを使うようになっていることが多いですが、これってかなり衛生面は悪い状態です。

まつ毛に塗ったブラシを何度も繰り返し使うことで菌が繁殖してトラブルの原因になってしまいます。

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液は個別包装されていて、綿棒タイプの使い切り型になっています。

そのため衛生的に安全に使うことができて、トラブルも起こしにくくなっているんですよ。

毎回新しい綿棒を使うので、いつでも清潔な状態で使用することができますね♪

安心のフリー処方

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液は敏感肌の方でも使えるようにオイルフリー・低刺激の成分にこだわって作られています。

またオイルだけでなく8つのフリー処方で作られているんですよ。

《ヴァレリー8つのフリー処方》

・オイルフリー
・旧表示指定成分フリー
・鉱物油フリー
・合成着色料フリー
・パラベンフリー
・シリコーンフリー
・紫外線吸収剤フリー
・合成香料フリー

などなど…ヴァレリー(Valery)まつげ美容液自体は成分の安全性にかなりのこだわりがあり、色々な身体に悪いとされる成分は含まれないようになっています。

ほとんど無添加となっているので安全性が高いと評価されているのでしょうね。

またヴァレリー(Valery)まつげ美容液は飲み薬ではないので副作用というのはないので安心してください。

ただ色々な成分が配合されているのでアレルギー体質の方などはしっかりと成分表をチェックしてくださいね。

もし心配な場合は担当の医師に相談してみましょう。

徹底した品質管理

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の安全性が高いと評価されている理由の1つに、”厚生労働省認可の工場で生産”されていることにあります。

《厚生労働省認可の工場とは?》

厚生労働省が定める高い品質基準をクリアした工場で高い品質管理と衛生管理のもとで製品を作る工場のことです。

原料の入荷から出荷まで全ての工程において高い品質と安全性が保たれます。

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の製造工場では医療現場で使用される綿棒なども製造されています。

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液も医療現場で使用される綿棒と同様の高い品質管理・衛生管理のもとで製造されているので、安全性が高いと言われているんですね♪

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の成分!敏感肌やマツエクの場合は?

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液は安全性の高い成分で作られているのは分かったけど、マツエクや敏感肌でも使えるのかも気になりますよね。

ここではそんな不安に思う所を解説していきたいと思います。

マツエクしてても使える?

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液はマツエクの上からでも高い効果を発揮することができます。

まつげ美容液の中にはマツエクと相性の悪い、グルーの劣化を早めてしまうまつげ美容液もあるのですが、ヴァレリー(Valery)まつげ美容液はマツエクとの相性もいいので安心ですね。

またマツエクしたいけどトラブルを起こしやすいという方は、まずは自まつ毛を強くすることでマツエクでのトラブルも減ってきますよ♪

敏感肌でも使える?

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液は敏感肌の方でも使えるように8つの無添加で作られています。

また禀質に一切の妥協がなく、個別包装で1回1回使い切りタイプになっているので、衛生的で安心なんですよ。

敏感肌だから使えるのか不安!という方でもトラブルを起こす可能性はかなり低いと考えられます。

ただし全ての方にアレルギーが起こらないというわけではないので、心配な場合は成分が分かるものなどを持って医療機関などで相談されてみてくださいね♪

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の成分!もしもの時の対処法

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液はお肌に優しい成分が厳選されて作られていますが、全ての方のお肌に合うというわけではないので、稀に成分が合わなく肌荒れなどを起こす場合があります(ヴァレリーに限らず起こることはあります)。

そんな時に対処法を知っていれば便利だと思いますので、もしもの時の対処法をご紹介します。

まぶたが荒れてしまった場合

まつげ美容液を使ったらかぶれてしまった…そんな経験もあると思います。

ヴァレリー(Valery)美容液に限らず、どんなに厳選された成分が使用されていても全ての方のお肌に100%合うものというのは難しいので稀にかぶれてしまうということも起こる可能性はあります。

目の周りは皮膚が薄く、デリケートな部分のため他の部分よりもかぶれなどを起こしやすいです。

状態がひどくなると腫れてしまうことも…

目の周りがかぶれてしまった場合はすぐに使用を中止してください!

肌の状態が戻るまで様子を見て、心配な場合は医療機関に相談してくださいね。

ただヴァレリー(Valery)まつげ美容液でかぶれたという報告はなく、可能性もかなり低いと考えられます。

肌トラブルを起こしやすいのは市販で安く販売されている商品で、粗悪な成分が入っているものなどは肌トラブルを起こしやすいようですね。

肌にかゆみが出た場合

まつげ美容液を使ったらかゆみが出てしまったという方もいらっしゃいます。

目の周りは皮膚が薄くてとても乾燥しやすい部分です。

そして保湿が難しい部分でもあるんです(保湿しても乾燥しやすい)。

肌にかゆみが出る原因として乾燥によるバリア機能の低下が考えられます。

なので肌を保湿してうるおいを与えてあげるといいのですが、セラミド配合の化粧水などは保湿力も高くておすすめですよ。

角質層の水分をキープするにはセラミドが有効となっています。

セラミドをしっかりと補うことで水分が保持され、バリア機能が向上してかゆみ対策になるんですよ♪

目にしみる場合

まつげ美容液などが目に入ると刺激を感じることがあります。

ウィンクのように片目を瞑ってからまつ毛美容液をつけると目に入りにくくなります。

またブラシ部分に液体が多すぎると目に入りやすくなるので、目に入らない程度の量で使う必要がありますね。

もしも目に入ってしまった場合にはすぐに綺麗な水で洗い流してくださいね。

強くこすったりなどはしないように注意してください♪

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液の成分の安全性 まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヴァレリー(Valery)まつげ美容液はマツ育に効果があると人気の美容液ですが、含まれている成分も安全性が高いものでしたね。

マツエクや敏感肌でも使えるのはかなり便利だと思います。

値段も比較的安く、お手入れもまつ毛に塗るだけで簡単にできるので、ぜひヴァレリー(Valery)まつげ美容液でまるでマツエクをしているような自まつ毛を目指してくださいね。

毎日のメイクが断然楽しくなりますよ♪

▼今だけ初回79%オフ▼

1日66円で体験する
>>返金保証ありでリスクなし<<
初回での休止・解約もできる^ ^

ABOUT ME
asuka
元美容部員で色々な美容商品を試してきた知識から本当に良いと思うものや興味の持てる話題を紹介しています。