生活

梅雨の体調不良は食事で改善!気を付けるポイントとは?

スポンサーリンク

ゴールデンウィークも終わりに近づき、次は鬱陶しい梅雨の季節がやって来ますね。

梅雨になると「だるい」「頭が痛い」などなんだか体調が優れない人も多いのではないでしょうか?

レナ
レナ
梅雨は頭痛したり、だるかったり嫌な季節ですね

ただ、体調が悪いといっても風邪の時のように熱が出たり、咳が出るような酷い症状ではなくて、「薬飲むほどじゃないよね」と思う方もいるかもしれません。

なので今回は梅雨の体調不良を食事で改善する方法をまとめてみました。

どうぞ最後までお付き合いください。

梅雨の体調不良はなぜ起こる?

梅雨の体調は水分過多原因?

人間の体にとって水分は生きていくために必要不可欠なもの。

適度な量の水分は潤いを保ち、健康維持に欠かせないものです。

レナ
レナ
水分は取りすぎたらどうなるの?

必要以上の水分は体に溜まり、あちこちで悪さをすると漢方の世界では考えられています。

水分の取りすぎと聞くと、飲む水分補給の方を思い浮かべると思いますが、水分は体の内側だけでなく、外側からもあります。

そのひとつが「湿気」による水分過多です。

雨が続くとどうしても湿度が高くなりがちです。

そのうち結果、外部からの水分が体に溜まりやすくなるのです。

お天気と自律神経には密接な関係が?

梅雨に体の不調を感じる原因の一つに自律神経の乱れがあります。

この症状は特に女性に多いのですが、倦怠感や疲労感が強く、胃腸症状もみろれることがあります。

レナ
レナ
確かに梅雨に体調崩すのって女性が多いかも…

自律神経は血管や内蔵の働き、食べ物の消化、吸収、肺呼吸、体温調節や免疫、ホルモンなど体のあらゆる機能を調節しています。

雨の日みたいに低気圧が続くと副交感神経が強く働きすぎて、交感神経とのバランスがうまく取れなくなります。

その結果、倦怠感や疲労感、頭痛などの症状の原因となるのです。

日本人の体は湿気に敏感ってホント?

日本は四方八方を海に囲まれた島国です。

そのためあらゆる角度から湿気が入りやすく、湿気にさらされやすい環境で生活しています。

レナ
レナ
確かに、日本のまわりは海で湿気多そうですね

そして、強い湿気は胃腸を弱らせる原因ともいいます。

胃腸は乾燥を好み、湿気を嫌うため、梅雨に食欲不振や消化不良を起こしやすいのはこのためです。

日本人に胃腸が弱い人が多いのも地形のためだと考えられます。

また、雨などの前になると体調不良になるという人も多いですよね。

これは、湿気が増えることで症状がひどくなるということで雨の予測ができてしまうという日本人独特の体質ですね。

梅雨の体調不良は食事で改善できるってホント?

体調不良や雨で鬱陶しい梅雨の季節ですが…

梅雨の体調不良は食事で改善できるということをご存知でしょうか?

例えば、梅雨のだるさや体力の低下には「ビタミンB群」が効果的です。

さらに、食べ物には「体を冷やすもの」「体を温めるもの」があります。

レナ
レナ
体を冷やす代表格といえば、夏野菜ですね

気候の変化の激しい梅雨には「体を温めるもの」を積極的に摂取することをオススメします。

ちなみに、「体を温める食材」には赤、黒、オレンジのものが多くみられます。

野菜ではごぼう、ニンジン、レンコンなどの根菜がそれに当てはまります。

スープなどに入れて食べると比較的摂取しやすいかもしれませんね。

梅雨の体調不良に効く食材は?

スポンサーリンク

だるさや体力低下にはビタミンB群を摂取することが対策となりますので積極的に摂取したいところです。

ビタミンB1を多く含む食材は?

ビタミンB1は糖質を分解して、エネルギーに変える役割を持っています。

そのため「疲労回復ビタミン」「ストレスビタミン」などと呼ばれ、ストレスや疲労に絶大な効果をもっています。

レナ
レナ
ビタミンB1を含む食材には、玄米、発芽米、全粒粉パンなど胚芽つきのもの、豚モモ肉、豚ロース肉、紅鮭などがあるよ

ビタミンB2を多く含む食材は?

ビタミンB2には、糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変える働きがあります。

エネルギーを得て、疲労回復するには欠かせない栄養素なので、体調の優れない梅雨には積極的に摂取していくことをオススメします。

レナ
レナ
ビタミンB2が多く含まれる食材には、魚介類、牛乳乳製品、卵などの動物性食品の他、納豆、緑黄色野菜、キノコ類にも多く含まれてます

体を温める食材にはどんなものがある?

気候の変化で体調不良を起こしやすい梅雨には「体を温めるもの」を積極的に摂取する必要があります。

「体を温めるもの」といえばネギ、しょうが、とうがらしというのが一番に思い浮かべますね。

この食材には、血行の促進や発汗作用などもあるので、体を温めつつ、体の中に溜まった水分をうまく排出してくれます。

非常に優れた食材なのですが…でもこれって、結構好き嫌いがあったりして摂取するのが難しい食材だったりします。

レナ
レナ
子供なんていると特に難しいですよね

「体を温める食材」は薬味やスパイス以外にもあるので安心してください。

例えば、根菜などもそうですね。

レナ
レナ
「体を温める食材」には薬味やスパイスの他にごぼう、ニンジン、レンコンなどの根菜!卵、赤身肉、チーズ、魚介類があります

梅雨の体調不良を食事で改善するときに気を付けるポイントとは?

では、梅雨の体調不良を食事で改善するときに注意するべきポイントとは何でしょうか?

夏野菜に気を付ける

この時期の夏野菜の取り扱いには注意が必要です。

夏野菜は身体を冷やす作用が思いのほか強いので梅雨明けまでは火を通して食べることをオススメします。

レナ
レナ
身体を冷やすと色んな症状が出ますよね

ラタトゥイユやミネストローネなど温かい料理に使うと身体を温めるので良さそうですね。

睡眠の質を大切に!

やはり、食事と同様に睡眠の質も非常に大切です。

快眠のために最適な環境は「気温26度以下」「湿度50~60%」です。

レナ
レナ
エアコンで調節できるので簡単ですね

気にし過ぎるのも問題ですが、できるだけ近い環境で眠ることを心がけたいですね。

また、湿度が高いとダニやカビが発生しやすくなるので注意が必要です。

このダニやカビも睡眠の質を下げる原因の1つです。

食事と合わせて運動も大切!

体の中に余分な水分を溜め込みやすい梅雨は適度に身体を動かして、むくみ予防をしましょう。

水分や老廃物が蓄積されるとむくみや食欲不振の原因となります。

レナ
レナ
やっぱり、日頃からの運動の習慣が大切なのね

運動は自分のできる範囲で簡単なものでいいので、毎日の生活の中に少しでも取り入れるようにしてください。

梅雨の体調不良は食事で改善!気を付けるポイントとは?まとめ

いかがでしたでしょうか?

体調不良になったり、雨が降ったりとなんだか気分が重たくなる梅雨ですが…

食べ物の力で元気に梅雨を乗り越えたいですね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク