毛穴

毛穴の角栓を取る方法とは?オイルやパックで取れるのか検証

スポンサーリンク

鏡を見るといつの間にかできてしまった黒い角栓!

俗にいう「いちご鼻」です。

レナ
レナ
昔はこんなに汚くなかったのに…と思わずため息がでちゃいます

小鼻や鼻のてっぺんに黒いブツブツがあると肌はくすんで見えるし、汚く見えていいことは一つもありません。

ちゃんと洗顔してるのになぜ?と思ってる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな毛穴の角栓について気になる疑問をまとめてみました。

どうぞ最後までお付き合いください。

毛穴に角栓ができる原因とは?

では、毛穴に角栓ができる原因は何なのでしょうか…

毛穴の角栓の正体とは?

毛穴が詰まる原因には、外気に混ざった汚れ(花粉や埃)などが毛穴に侵入して、毛穴が汚れ、角栓になると思ってる方も多いのではないでしょうか?

実はこれ、間違えなんです!

レナ
レナ
えっ違うの?

本来、排出されるべき老廃物が日々のお手入れ不足などにより排出できずに毛穴に詰まってしまうのです。

角栓の正体は毛穴の奥にある皮脂線から過剰に分泌された皮脂と毛穴の中に残っていた産毛などのたんぱく質が混ざり合う事によってできた塊です。

ですので、毛穴が詰まらないように肌のコンディションを整えて、老廃物を排出しやすい環境を作ることがポイントです。

毛穴の角栓はどうしてできるの?

ではどうして角栓はできてしまうのか?ということなんですが…

通常のお肌は正しいターンオーバーで古い角質が自然に剥がれては作られ、剥がれては作られを繰り返します。

そうやって美しい肌を維持できるのですが…

肌荒れを起こしてるときはそうはいきません!

ターンオーバーは乱れ、角層は厚くなり、毛穴を塞ぎやすくなってしまいます。

レナ
レナ
肌の新陳代謝は約1ヶ月!これが乱れると様々なトラブルの原因となります

繰り返す角栓にはターンオーバーの乱れや、メイクの落とし残し、皮脂の過剰分泌などの原因があげられます。

毛穴に角栓ができないようにするには?

では、毛穴に角栓ができないようにするにはどうしたらいいのでしょうか…

乾燥からお肌を守る!

これはどんな肌トラブルにも言えることですが…

レナ
レナ
お肌を乾燥から守ることが大切です

乾燥するとお肌は硬くなり、毛穴の収縮機能が鈍ります。

そうなると毛穴がつまりやすくなったりと悪循環に陥ります。

スポンサーリンク

油性化粧品の使いすぎに注意!

油性化粧品の使いすぎにも注意が必要です。

油性化粧品を使いすぎると肌への負担が増えるだけでなく、肌に残った油性化粧品が埃やチリと混ざりあって角栓を作ってしまいます。

その結果、毛穴に角栓ができるのを繰り返して、角栓のできやすい肌になってしまうのです。

毛穴の角栓を取る方法とは?

では、毛穴の角栓を取る方法はどんなものがあるのでしょうか…

洗い流すタイプのパック

1.鼻にパック材をたっぷりと塗ります。

2.10~15分ほど置いて洗い流します。

before

after

洗い流すタイプの鼻用のパックをやってみました。

レナ
レナ
小鼻の大きな角栓が取れてます!

剥がすタイプのパックのように目に見えるわけではないのでごっそり感は少ないのですが、しっかり取れてます!

【美白コスメ・医薬部外品】新聞報道されました!
南海サンゴ礁の白い泥で毛穴の黒ずみ脂がキレイになる秘密とは?

ちなみに剥がすタイプのパックは剥がす時に毛穴に負担がかかり、毛穴を広げてしまうので、長い間に毛穴が目立ちやすくなります。

オイルをブラシに染み込ませてクルクル

1.ブラシにたっぷりとオイルを染み込ませます。(今回はオイルクレンジングをつかいました)

2.ブラシを毛穴に刺すようにして、クルクルとマッサージするように小刻みにして、洗い流します。

before

after

こちらもごっそりという訳にはいきませんが取れてます。

レナ
レナ
続けるとキレイに取れていきそうですね

剥がすタイプのパックとは違って毛穴に負担をかけることなくキレイにできるのでオススメです。

毛穴の角栓を取る方法とは?30代からのエイジングケアまとめ

いかがでしたでしょうか?繰り返す黒ずみ毛穴!

どうせならキレイになるほうがいいですよね。

私も長年、黒ずみ毛穴に悩んで来ましたが、この方法でだいぶキレイになってきました。

暖かくなってくると特に目立ってくる毛穴!

美肌を維持するために、簡単なお手入れからはじめてみませんか?

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク