ほうれい線

30代女性必見!ほうれい線を消すメイクのやり方

スポンサーリンク

20代を過ぎ、30代になるといまいち肌の調子が…

さすが「お肌の曲がり角」と言われるだけあって、30代になると色々な肌トラブルが出てきます。

特に20代の頃には気にもしてなかったほうれい線

30代になると気になって仕方がなくなる!という方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなほうれい線に関する疑問やほうれい線を消すメイクの方法などをまとめてみました。

どうぞ最後までお付き合いください。

なぜほうれい線はできるの?

加齢

ほうれい線ができる大きな原因の1つに加齢による頬の筋肉の衰えがあります。

ふっくらとした肌の土台を作る真皮にあるコラーゲンやエラスチンが加齢や外部刺激によって破壊され、たるみの原因となります。

レナ
レナ
こわいです!防ぐことはできないのかな?

乾燥

肌の乾燥は「全てのトラブルの元」と言われるくらい厄介なトラブルです。

レナ
レナ
これはシワも例外ではありません

肌が乾燥すると運動量の多い、目元や口元に細かなシワが入り、それを放置することで深い大きなシワになります。

この乾燥シワは年齢や肌質に関係なく、引き起こされます。

喫煙

喫煙をすることで体内のコラーゲン生成に必要不可欠なビタミンCが破壊されます。

喫煙をすると血管が萎縮し、その結果、血管内でヘモグロビンによる酸素不足に陥ってしまいます。

レナ
レナ
老廃物を排出しにくくなり、老化を促進します

ストレス

ストレスを受けることでホルモンに悪影響を及ぼし、血管が萎縮して血行がわるくなります。

その結果、老廃物の排出がうまくいかずに肌トラブルに繋がります。

食習慣の乱れ

野菜不足の生活を続けることで、ビタミンが不足しますのでほうれい線や他の肌トラブルに繋がります。

また普段から柔らかいものを好んで食べる方は頬の筋力が低下し、たるみの原因となります。

レナ
レナ
さらに進行すると深く大きなほうれい線になっていきます

ほうれい線を予防するには?

レナ
レナ
フェイスエクササイズで筋力を上げる

1.箸をくわえて、上下の唇をつけたまま唇を横に引く。5秒キープ

2.唇をつけたまま口角だけを「にっ」と上げて笑い、5秒キープ

3.最後に口角を上げて、歯を見せて笑う。

普段の生活の中でもできる簡単なエクササイズです。

レナ
レナ
ほうれい線には保湿が大切!

これは全ての肌トラブルに言えることなのですが、保湿はかなーり大切!

乾燥ジワを放置しておくと取り返しのつかない深いシワになります。

ヒアルロン酸やセラミドの配合された化粧水はオススメです。

元々人の肌に存在する成分でなじみが良く、保湿力も高いため、多くの美容商品に使われています。

スポンサーリンク

冬などの乾燥する季節は加湿器なども使用して乾燥から肌を守りましょう。

ほうれい線を消すメイクのやり方

まず、いつものようにスキンケアをしてください。

レナ
レナ
ここ大切です

スキンケアを怠ると肌は乾燥を皮脂で補おうとします。

その結果、メイク崩れがひどくなってほうれい線の方にファッションが流れ、逆にほうれい線を目立たせることになります。

ほうれい線に明るめのコンシーラーをつける

ほうれい線のできるところは良く動かす所なので、リキッドタイプのコンシーラーやハイライトが馴染みやすいです。

レナ
レナ
5箇所くらいに置き、なじませます

ファンデーションはリキッドやクリームを使って薄く塗ります。

トントンと毛穴を埋めるようにファンデーションを乗せるのとほうれい線が目立たなくなります。

レナ
レナ
ファンデーションを厚塗りすると逆効果!

ファンデーションを厚塗りすると、ほうれい線が埋まってしまい、メイクがよれたりするので逆に目立ち安くなります。

フェイスパウダーで仕上げる

最後にフェイスパウダーで仕上げていきます。

レナ
レナ
仕上げのコツをご紹介!

硬めのフェイスブラシにパウダーをつけて、ほうれい線と毛穴に刺すよう当てます。

クルクルと丸くなぞります。

これでほうれい線が目だたなくなります。

30代女性必見!ほうれい線を消すメイクのやり方まとめ

いかがでしたでしょうか?見た目年齢にも関わるほうれい線!

できればないほうがいいですよね?

一度できてしまったほうれい線を完全に消すことは難しいですが…

メイクでほうれい線を消すコツを覚えれば簡単に消せるようになります>^_^<

ぜひぜひ、試してみてください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク