ヒートカッター

ヒートカッターの使い方は?理想の長さはどのくらい

夏になると、プールや海に肌を露出する機会が増えますね。

そんな時、気になってくるのがムダ毛の処理です。

レナ
レナ
ムダ毛の処理は女性の永遠の悩みですよね

特にアンダーヘアの処理は他のムダ毛処理と同じように女性のエチケットとして認識されつつあります。

しかし、デリケートゾーンをカミソリで処理するのは不安と思う方もいると思います。

最近では、ヒートカッターという便利なムダ毛処理アイテムが販売されているようです。

なので今回はヒートカッターについての情報をまとめてみました。

どうぞ、最後までお付き合いください。

⇒⇒⇒ムダ毛処理でおすすめのヒートカッターって何?ヒートカッターのメリットとデメリット

ヒートカッターの使い方は?

1.まず、スイッチを押します。

2.スイッチを押しながらアンダーヘアを10本ほどつまんでからカットします。

これを繰り返しながら整えていきます。

熱でカットするので毛先が尖らずに丸く仕上げることができます。

ただ、簡単に取り扱うことができる反面、注意点もあります。

自己処理をする場合は正しい使用方法で行いましょう。

⇒⇒⇒ヒートカッターはオススメ度120%!女性に人気の7選

ヒートカッターの注意点については次で説明します。

ヒートカッターを使う時の注意点は?

湿気のある場所では使用しない!

お風呂場などの湿度が高く、水がかかってしまう可能性のある場所での使用は危険です。

ヒートカッターは電化製品ですので、水には弱く故障してしまう可能性があります。

レナ
レナ
誤って感電してしまう可能性も!

ヒートカッターを使用するときは、リビングなどの水気のない場所を選んで使用しましょう。

また、熱を利用して処理をするヒートカッターは毛が濡れた状態だとうまく切れません。

入浴前など毛が乾いている状態で使用するのもヒートカッターを使いこなすコツです。

やけどに注意!

ヒートカッターを使う上での最重要ポイントになります。

ヒートカッターは熱を利用して脱毛処理をしていくので、やけどには十分に注意してください。

アンダーヘアの自己処理はVラインとIラインの外側だけにとどめてください。

Iラインの内側やOラインは目視が難しいので間違っても自己処理はしないようにしましょう。

火傷の危険性が極めて高い部分なので、こういうデリケートな部分は脱毛サロンなどで処理してもらった方が安全です。

使い方や注意点はわかったけど、どのくらいに揃えたらキレイに見えるのかきになりますよね。

次では、アンダーヘアの理想の長さを説明していきます。

ヒートカッターを使う時の理想のアンダーヘアの長さはどのくらい?

では、アンダーヘアの長さはどのくらいが理想的なのでしょうか…

アンダーヘアの理想の長さは2~3cmと言われています。

3cmを超えると下着からムダ毛がはみ出したりなどの不快なことが起きるようですね。

ハサミを使って切る場合は、短くし過ぎるとチクチクして不快感がでるので3cmほどにすると不快感を抑えられます。

ヒートカッターなら、毛先が丸くなりチクチク感はないので2cmくらいが良い感じの長さです。

3センチより短くしたい場合の処理には、ヒートカッターはオススメのアイテムです。

しかし、現在取り扱っている店舗がかなり少ないのが現状です。

もし、使用されるのであれば種類も機能性も確かな通販での購入をオススメします。

 

ヒートカッターを探して何件もお店を回るより確実に入手できます。

ヒートカッターの使い方は?理想の長さはどのくらい まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヒートカッターはメリットとデメリットをよく理解した上で使用することで、自宅で簡単に自己処理ができる便利なアイテムなんですね。

これからの夏のムダ毛対策に少しでもお役にたてれば嬉しいです。

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。

⇒⇒⇒ヒートカッターは薬局でも売っている?売り場はどこで値段はどのくらい