ヒートカッター

ヒートカッターの自己処理でチクチクする場合の対処法は?

ヒートカッターはアンダーヘアを手軽に自己処理できる人気のアイテムです。

熱でムダ毛を切るのでハサミやカミソリで処理したときのような不快感がなく、お部屋でも処理できるので誰にも気づかれずにケアができることも魅力的ですね。

しかし、チクチクしないと聞いて買ったのにヒートカッターでもチクチクする!という方もいると思います。

そんな方はヒートカッターの使い方が間違っているかもしれません!

この記事では、ヒートカッターの自己処理でチクチクするという方のために、チクチクする場合の対処法やチェックポイントを調査しました。

どうぞ、最後までお付き合いください。

ヒートカッターはチクチクする?

カミソリやハサミでアンダーヘアの自己処理をしている方は毛先が尖ってしまい、チクチクするのは当然です。

しかし、ヒートカッターはアンダーヘアを熱で焼き切り、毛先が丸くなるので普通はチクチクしないと言われています。

しかし、中にはヒートカッターで処理をしてもチクチクするという方もいるんですよね。

ヒートカッターで自己処理をした時にチクチクする理由としてはいくつかあるので早速見ていきたいと思います。

ヒートカッターでチクチクする場合にチェックすること!

ヒートカッターを使用してアンダーヘアのケアをしているのにチクチクするという方は…

・性能

・使い方

・長さ

・処理後のケア

・アンダーヘアのケア

についてチェックしてみましょう♪

ヒートカッターの性能は大丈夫?

ヒートカッターと言っても、最近では種類も多く、性能の良いものもあれば悪いものもあります。

価格に比例していることも多く、安価なヒートカッターはカットしづらかったり、すぐに壊れたりなど性能が悪いことが多いです。

もし、心あたりがあるのなら原因としては使っているヒートカッターの性能が悪いという場合が考えられます。

対処方法は?

ワンランク上の性能の良いヒートカッターを購入することでチクチクが改善されるかもしれません。

ラブコスメのVライントリマーなら「チクチク感やボリューム感を解消できる」、「簡単にサクサクお手入れできる」、「初めての処理でも簡単」など、かなり評判が良くて満足度の高いヒートカッターです。

ヒートカッター初心者でも簡単
自宅でアンダーヘア処理ができる
↓↓↓

ヒートカッターの使い方は正しい?

ヒートカッターを使う時に正しい使い方で自己処理をするということも大切です。

ヒートカッターの性能も問題無さそうなのにチクチクするという方は…

ヒートカッターが熱で温まる前にカットしてしまったり、ヒートカッターの使い方が根本的に間違っている可能性が考えられます。

ヒートカッターは電気シェーバーとは違うので、熱が伝わる前にカットしてしまうと、うまくカットすることができません。

レナ
レナ
ヒートカッターはアンダーヘアに熱線部分を軽く押し当てるように するのがコツです

強く押し当ててカットすると、毛先がチクチクする場合があります。

対処方法

もう一度商品説明書をよく読んで、使い方が間違っていないか確認しましょう。

ヒートカッターの使用方法を間違えていた場合は、今後は正しい方法で使うようにしましょう。

アンダーヘアを短くしすぎてない?

個人差がありますが、人によってはある程度の短さになるとチクチクすると感じる方がいるようですね。

肌質や毛の硬さなどの要因から、性能の良いヒートカッターを使用しても、短くカットするとチクチク感が残る場合があるようです。

対処方法

今のアンダーヘアをある程度の長さに変えてみましょう。

それでチクチクしないのなら、それがあなたに合った長さということになります。

今後はその長さを維持していくのがいいですね。

もしも、それでもチクチクする場合はヒートカッター自体があなたの体質に合ってないのかもしれないので、ブリジリアンワックスやVIO脱毛など別の方法を試してみるのがいいですね。

今なら1回600円でツルスベが手に入る
キャンペーン実施中^ ^
↓↓↓


※肌が弱い方も安心

処理後は適切なケアをしている?

処理後のケアがしっかりとできていない場合もチクチクする原因となります。

ヒートカッターを使用した後の肌は、他の除毛方法と同じく敏感になっています。

体毛と肌の摩擦や下着による摩擦を和らげるためにしっかりと保湿をしましょう。

対処方法

Vラインにも使える保湿ローションが販売されていますので、こういったもので保湿をするのが望ましいです。

VLホワイトという保湿ローションなら、保湿だけでなく黒ずみもケアしてくれるので、処理後に使うと保湿・黒ずみをWでケアしてくれます。

Vラインの保湿・黒ずみケアが
初回962円で試せるチャンス^ ^
↓↓↓

定期の縛りなし・返金補償で安心

そこまで手が届かないという場合は、市販のワセリンや顔用の乳液、化粧水で代用してみてくださいね。

適切なアンダーヘアのケアはしている?

せっかくヒートカッターでキレイに処理をしてもアンダーヘアのケアをしていないと…

毛先がチクチクしたり、毛質が硬いためにチクチクを感じたりする場合があります。

そういう場合は、アンダーヘア用のトリートメントでケアするのが効果的です♪

対処方法

ヒートカッターのお手入れでキレイなアンダーヘアを保つためには、アンダーヘア用のトリートメントでケアをしていくことも大切です。

アンダーヘア用のトリートメントでケアをすると毛質が柔らかくなり、ふわふわで美しい仕上がりになります。

アンダーヘア用のトリートメントで人気のものには「シナヤカウォッシュ」というものが有名ですよね。

《アンダーヘア用トリートメントの使い方》

・トリートメントをアンダーヘアになじませる

・3分間パックする

髪の毛のトリートメントと同じ手順でできるので簡単ですね。

継続して使用することでアンダーヘアがふわふわで処理もしやすくなります。

今後は髪のケアと同様に、お風呂タイムなどでアンダーヘアのケアも取り入れてみるのがおすすめです♪

気になるアンダーヘアのゴワゴワ
シナヤカウォッシュで解決^ ^
↓↓↓

ヒートカッターでチクチクする!合わない人はどうする?

自宅で簡単にアンダーヘアのケアができるヒートカッターですが、中には体質的に合わないという方もいます。

ヒートカッターが合わない方やヒートカッターでの処理が面倒に感じる方はV・I・O脱毛サロンで処理してもらうことを視野に入れてみてはいかがでしょうか…

VIO脱毛ならヒートカッターでは難しいデリケートな場所もキレイに処理してもらえます。

VIO脱毛のメリット

・定期的に処理をする必要がない

・VIOゾーンをキレイに脱毛できる

・ムレやかゆみなどの不快感から解放される

ヒートカッターだと個人差はありますが、ある程度の周期で処理をしなくてはいけません。

脱毛サロンでのケアは、定期的に処理をしなくていいのが最大のメリットで、ヒートカッターでの自己処理が難しい所までキレイにしてもらえます。

そして、ヒートカッターでは完全に除毛することはできないので、ムレやかゆみなどを完全に取り除くことは難しいですが、脱毛サロンでのケアならヒートカッターのデメリットを解消できます。

VIO脱毛のデメリット

・費用がかかる

・恥ずかしさがある

・痛みがある

VIO脱毛でのデメリットとしては、何度か通わなくてはいけないので費用がかかることと、脱毛サロンが初めての方は少し恥ずかしさがあるかもしれませんね。

しかし、セラピストは何人も施術をしてきた脱毛のプロなので恥ずかしがる必要はなく、1度施術をしてもらえば慣れます^ ^

レナ
レナ
脱毛の施術って痛いんじゃないの?

脱毛機器を使うので、多少痛みを感じることもあります。

一般的にはクリニックの方が強力な機器で施術するので、回数は少なく済みますが痛みは強いようですね。

痛みが苦手という方は、回数は多くなってしまいますがサロンで施術してもらった方があまり痛みを感じないかもしれませんね。

レナ
レナ
脱毛サロンだと料金が高そうだよね

回数が多くなるとその分料金も心配になりますよね。

脱毛サロンに行くのを迷う理由として、料金の問題は大きいと思います。

しかし、ミュゼのVIO脱毛ならその料金の所も解決してくれます。

ただいまミュゼのキャンペーンで…

全身脱毛コース1回+両わき・Vライン1年間通い放題が50円で受けれるチャンスなんです!

そして、お一人様2枚まで購入できるので、2枚購入すれば100円で2年間通い放題にできますね。

ただ、このキャンペーンは12月30日までの期間限定のキャンペーンなので、受けたい方はお急ぎくださいね。
※12月30日をもって年パス(1年間通い放題)もなくなるようです。

気になるアンダーヘアも
初回50円で1年間通い放題^ ^
↓↓↓


12月30日までの期間限定なので
後悔する前にお試しどうぞ^ ^

ヒートカッターの自己処理でチクチクする場合の対処法は?まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヒートカッターは自宅で簡単に除毛ケアができる便利なアイテムですが、正しい使い方をしないとチクチクしたり、不快感が出ることがあります。

また、なかなか市販で置いている所が少ないので購入する場合は通販の方が便利ですね。

正しい使い方やケア方法をマスターして、理想のアンダーヘアを手に入れてください。

ヒートカッターが合わない方はブラジリアンワックスやVIO脱毛に切り替えてみましょう。

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。