ヒートカッター

ムダ毛処理でおすすめのヒートカッターって何?ヒートカッターのメリットとデメリット

夏になると肌を露出する機会も増えて冬場以上に気になるのがムダ毛処理ですよね。

恋人と海に行ったりなどのシチュエーションで「ムダ毛が見えてた!」なんてことになったら、百年の恋も冷めてしまいます。

ただ、Vラインはデリケートな場所だけにハサミやカミソリで処理するのは不安があると思います。

そこで、便利なアイテムが「ヒートカッター」です。

今回は、便利なムダ毛処理アイテム「ヒートカッター」についてまとめてみました。

どうぞ、最後までお付き合いください。

ムダ毛処理でおすすめのヒートカッターって何?

では、ヒートカッターってどんなものなんでしょうか…

最近では、細長い形のものだけでなく、上の画像のように色んな形のものが販売されていますね。

ヒートカッターは電熱で毛先を焼ききることで脱毛処理をする美容器具です。

熱で脱毛処理をするので肌への負担も少ないのが特徴です。

似たような自己処理の方法として、カミソリを用いた処理が一般的ですが…

経験がある方もいるかと思いますが、カミソリでムダ毛処理をするとチクチクしたり、肌への負担も大きいです。

しかし、ヒートカッターなら熱処理をするため、毛先が尖らないので下着からはみ出したり、触った時にジョリジョリした感触にならずに自然に仕上げることができます。

電池式と充電式のものがあります。

⇒⇒⇒ヒートカッターは薬局でも売っている?売り場はどこで値段はどのくらい

だだ、便利なものにもメリットとデメリットがあります。

次では、ヒートカッターのメリットとデメリットについて見ていきますね。

ムダ毛処理でおすすめのヒートカッターのメリットとデメリットは?

ここでは、ヒートカッターのメリットとデメリットについて説明していきます。

メリットとデメリットを理解した上で使用することによって肌への負担も最小限に抑えることができます。

ヒートカッターのメリット

カミソリ処理のようにチクチクしない

ヒートカッターは熱で脱毛処理をするのでカミソリで処理をしたときのようなチクチク感がありません。

毛先が尖らずに長い毛足を短くカットしてもチクチクしにくくなるのです。

レナ
レナ
カミソリでの処理はこれが辛いですよね

また、ヒートカッターは毛が太くなりがちなデリケートゾーンの処理には適しているアイテムです。

肌にかかる負担が少ない

アンダーヘア周辺の皮膚は他のところの皮膚に比べて薄いのです。

そのため、肌トラブルも起こしやすく細菌なども入りやすい場所です。

レナ
レナ
細菌に感染すると肌の炎症だけでなく、痛みやただれなど重篤な症状を引き起こすことがあります

ヒートカッターを使うメリットとデメリットを理解した上で正しく使うことで肌への負担を最小限に抑えることができます。

⇒⇒⇒ヒートカッターの使い方は?理想の長さはどのくらい

ヒートカッターのデメリット

無毛にはならない

ヒートカッターでの処理では熱を使って焼ききるので、カミソリや脱毛サロンに通うほどキレイに無毛にはなりません。

レナ
レナ
焼ききれなかったムダ毛は肌から露出してしまいます

あくまでも、毛を短くするための処理ということです。

脱毛時の匂いがきつい

ヒートカッターで毛を切ると、髪の毛が焼けた時のような焦げた匂いがします。

自室などで処理をする場合は匂いが残ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

他に同居中の家族がいる場合には、全く気づかれずに処理することは難しいかもしれませんね。

脱毛に時間がかかる

ヒートカッターは一度で全ての毛を処理できるわけではありません。

レナ
レナ
ヒートカッターで処理できるのは、一度に5~10本程度です

なのでデリケートゾーン全体を処理するとなると結構な時間がかかってしまうことも事実です。

そして、ムダ毛は伸びて来るので何度も処理をしなくてはいけません。

このように、便利な反面デメリットもあるので自己処理をする場合にはメリットだけでなく、デメリットも理解力した上で行うようにしましょう。

 

ムダ毛処理でおすすめのヒートカッターって何?ヒートカッターのメリットとデメリット まとめ

いかがでしたでしょうか?

デリケートゾーンのムダ毛処理でチクチクしないのはうれしいですね。

ヒートカッターのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で使うと肌の負担も少ないし、ムダ毛処理が楽になりますね。

⇒⇒⇒ヒートカッターはオススメ度120%!女性に人気の7選

後は市販で売っている店舗が増えればうれしいのですが…

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。